「自分たちらしいサッカー」は不要、レアルが見せた現実。勝利を手繰り寄せた戦略とは?

チャンピオンズリーグ(CL)2ndレグ、レアル・マドリーはバイエルン・ミュンヘンとホームで対戦して2-2。2試合合計4-3という結果で決勝進出を決めた。難敵を相手にジネディーヌ・ジダン監督が立てた勝利へのプランとは?(文:海老沢純一)

2018年05月02日(Wed)12時10分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

自らのスタイルではなく、相手を潰すために

レアル・マドリー
レアル・マドリーは2戦合計4-3でバイエルンを下し、決勝戦進出を果たした【写真:Getty Images】

「自分たちらしいサッカー」

 2014年、日本サッカー界を駆け巡ったフレーズだが、それはネガティブな意味となった。しかし、4年後の2018年4月、再びこの言葉が日本サッカー界のトップから発せられていた。

 自らが理想とするサッカーを実践すれば、勝利へ近づくことはできるのだろうか。それは、おそらく正解だろう。

 ただし、それは対戦相手、対戦場所、両者の状況など多くの要素を加味した上で、的確なプランを理想とした場合である。対戦相手を見ずに、ロマンだけを見て理想を立てるのはむしろ勝利は遠のく。

 ジネディーヌ・ジダン監督に率いられたレアル・マドリーが欧州の舞台で圧倒的な強さを持つ理由が、まさにこの前者である。彼らは、強敵バイエルン・ミュンヘンを下して決勝進出。チャンピオンズリーグ3連覇へ王手をかけた。

 ジダン監督は、アウェイで行われる1stレグに向けては、前線から強いプレッシングを仕掛けるプランを立て、選手はそれを完璧に遂行した。その結果、敵地で2-1という結果を手にした。

 続く2ndレグでは、このリードを守るためにホームながら攻撃よりも守備に比重を置いたプランを立てていた。その結果、試合こそ2-2の引き分けだったが、2試合合計では4-3というスコアでドイツ王者を破った。

 この2試合で、マドリーのボール支配率はともに40%。今季のマドリーは、全公式戦を通して57.2%という支配率を記録していることから、本来はある程度ボールを持つスタイルを基本としていることがわかる。

 それでも、難敵バイエルンを破るために“重量級”の選手たちが守備に重きを置く戦略を選択した。仮に、ホームとアウェイの順番が逆であれば、全く異なる試合になった可能性が高い。

1 2

新着記事

↑top