メッシ依存度は重症。世界最高をも封じたアイスランドの“真の自分たちのサッカー”【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ・グループリーグD組第1節において、優勝を狙うアルゼンチンと初出場のアイスランドが対戦した。チーム状況も戦術も対照的な両国だが、結果は1-1の引き分け。2年前のEUROで旋風を巻き起こした小国は、世界最高の選手であるリオネル・メッシをも封じた。(文:海老沢純一)

2018年06月17日(Sun)7時10分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

準優勝となった4年前から一切の上積みなし

メッシ
アルゼンチン代表のメッシ依存は深刻。個の力に任せた攻撃には限界が…【写真:Getty Images】

 世界一の名手を擁し、常に優勝候補に挙げられるアルゼンチン。歴史的にその時代を象徴する優れたテクニックを持つアタッカーを輩出し、世界中から期待とプレッシャーをかけられる強豪国だ。

 対するは、史上初めて欧州予選を突破し、本大会に出場したアイスランド。大柄で屈強な男たちが並び、2016年のEUROでは魂のこもったプレーで世界中を沸かせた小国である。

 全てが対照的な両国の一戦は、内容も対照的なものとなったが、その結果は引き分けとなった。

 アルゼンチンは、リオネル・メッシを筆頭に、セルヒオ・アグエロ、アンヘル・ディ・マリア、ゴンサロ・イングアイン、パウロ・ディバラと他国が羨むようなアタッカーを揃えている。

 ただし、ホルヘ・サンパオリ監督は今も最適解を見いだせていないのだろう。アグエロによる19分の先制点の場面や、メッシが随所で見せるプレーは個人能力の高さを発揮したものだが、チームとして洗練された攻撃はなかった。

 4年前、ブラジル大会で決勝へと駒を進めた際にも、メッシは平均走行距離が10kmにも満たないほど走らないことが注目されたが、その分ディ・マリアが攻守に献身的なプレーで補完し、不安視されていた守備は安定感を見せるなどチームとして機能していた。

 当時、メッシは最悪のコンディションだったというが、チームのサポートによって攻撃に全ての力を注ぐことができ、グループリーグでは3試合連続得点、スイスとの決勝トーナメント1回戦では延長戦後半にドリブル突破からディ・マリアの得点をアシストして4試合連続MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出される活躍を見せていた。

 しかし、4年を経て再び立ったワールドカップの舞台では、前回大会からの上積みは一切なく、まもなく31歳を迎えるメッシへの依存度がより高くなっていた。

1 2 3

新着記事

↑top