イングランド、劇的逆転弾でウェールズ撃破! 途中出場の2人が勝負を決める

2016年06月16日(木)23時56分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , ,

イングランド
貴重な同点ゴールを決めたジェイミー・ヴァーディー【写真:Getty Images】

【イングランド 2-1 ウェールズ EURO2016】

 EURO2016のグループステージ第2戦が現地時間16日に行われ、グループBのイングランドとウェールズが対戦した。

 イギリス国内の2協会による試合ということもあり、“バトル・オブ・ブリテン”として大きな注目が集まった。イングランドもウェールズも第1戦からほとんどメンバーを入れ替えず、本気モードで重要な一戦に臨んだ。

 序盤から多くのチャンスを作ったのはイングランド。セットプレーを中心に何度もシュートチャンスを作る。しかし、先にゴールネットを揺らしたのはウェールズだった。

 42分、ペナルティエリア手前でフリーキックを得たウェールズはベイルが左足を一閃。無回転でブレるボールは守るGKハートの左手をかすめてゴールに突き刺さった。

 先制されたイングランドは低調だったケインとスターリングを諦め、後半開始からヴァーディーとスターリッジを投入。フォーメーションは4-2-3-1のまま前線にエネルギーを注入した。

 そしてこの采配が結果につながる。56分、左サイドからスターリッジがクロスを上げると、ウェールズの主将A・ウィリアムズがまさかのクリアミス。こぼれたボールはヴァーディーの足元に落ち、レスターを奇跡の優勝に導いたストライカーが抜け目なく押し込んでイングランドが同点に追いついた。

 ここから流れは一時イングランドに傾く。追いついて勢いが増しただけでなく、必死に守っていたウェールズが息切れし始める。しかし、65分過ぎにウェールズのMFレドリーが負傷してプレーが中断したことによりイングランドの勢いはそがれてしまった。

 その後も主導権を握って攻めたイングランドだったが、引き分け狙いで自陣に引きこもる相手を崩しきれずなかなか追加点を奪えない。それでも粘り強く圧力をかけ続けた結果、後半アディショナルタイムに奇跡が起きた。

 ゴール前の混戦から抜け出したスターリッジが強引にボールを運び、シュートをネットにねじ込んだ。途中出場のヴァーディーとともにゴールという結果でホジソン監督の起用に応え、イングランドを勝利に導いた。

 勝ち点3を積み上げたイングランドはグループ首位に浮上。その下に勝ち点3のウェールズ、スロバキアと続く。グループステージ最終戦はイングランド対スロバキアとウェールズ対ロシアが組まれており、決勝トーナメント進出のためにはまだまだ気の抜けない戦いが続く。

【得点者】
42分 0-1 ベイル(ウェールズ)
56分 1-1 ヴァーディー(イングランド)
90+1分 2-1 スターリッジ(イングランド)

【了】

新着記事

↑top