モウリーニョはイブラ外しの決断を! 前線は若手起用し“走れる”チームに【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

マンチェスター・ユナイテッドが、勝利から遠ざかっている。直近のリーグ戦では3分1敗、新加入のズラタン・イブラヒモビッチは序盤こそゴールを奪っていたものの、668分間も無得点が続いている。ジョゼ・モウリーニョ監督は、極度の不振に陥り戦力になれていないイブラヒモビッチをスタメンから外すべきだ。(文:粕谷秀樹)

2016年11月04日(Fri)10時29分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

668分間も沈黙。モウリーニョはイブラ外しの決断を

ズラタン・イブラヒモビッチ
668分間無得点が続くズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティとチェルシーに敗れ、ワトフォードに足もとをすくわれた。超守備的なプランでリバプールから勝点1をもぎとったとはいえ、ストーク・シティとバーンリーを崩しきれなかった。10節を終わって4勝3分3敗。マンチェスター・ユナイテッドが苦しんでいる。

 対戦相手を踏まえれば、シティ戦とチェルシー戦は“最低限”の許容範囲だ。しかし、計9ポイントを取ってしかるべきワトフォード、ストーク、バーンリーを相手にわずか2ポイントという実状に、世界中のサポーターがフラストレーションを募らせている。「特効薬はないものか!?」

 コンディションが上向かずに先発から外れたウェイン・ルーニーに続き、ズラタン・イブラヒモビッチにも厳しい処置が必要だ。3節のサウサンプトン戦で2ゴールを奪った後、668分間も沈黙が続いている。チャンスは訪れるものの、シュートをGKにぶつけたり、枠に飛ばなかったり……。しかも34歳という年齢が災いしているのか、スプリントする回数が少ない。当然、プレーエリアが限られ、対戦相手は的を絞りやすくなっている。

 イブラヒモビッチの代理人を務めるミーノ・ライオラは狡猾で、契約書には「年間の試合出場数」が明記されているかもしれない。したがって、ジョゼ・モウリーニョ監督ですら「アンタッチャブル」の恐れはあるが、極度の不振に陥ったイブラヒモビッチをこのまま起用していると、上位との差は広がるばかりだ。いま、彼は戦力になっていない。素早い対応が望まれる。

1 2

新着記事

↑top