「2点目のPKで望みが絶たれた…」。ダービー完敗に無念のシメオネ監督

2016年11月21日(月)10時01分配信

photo Getty Images
タグ: , , , ,

ディエゴ・シメオネ
アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督【写真:Getty Images】

 本拠地ビセンテ・カルデロンでの最後のマドリードダービーで0-3大敗を喫したアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は「2点目のPKで希望が途切れてしまった」と振り返る。19日、スペイン紙『アス』が報じている。

 シメオネ監督は試合後の会見で、「見ての通りの結果だ。前半は相手が良かった。後半の最初の20分は我々が良かった。しかし、2点目のPKで希望が途切れてしまった」と語る。

 そして、守備の脆さを指摘されると「あなたにはそう見えるのかもしれないね。だが後半最初の20分は脆弱ではなかった。1点目のFKも壁に当たったものだ。あの後半の20分間の質を維持できるようにしなければならない」とコメントした、

 また、予想を覆し、スタメンでFWフェルナンド・トーレスを起用したことについて「深さを出したかった。ケビン・ガメイロでは空中戦をあまり戦えないこともあり、高さのバランスを取りたかった。だが、うまく行かなかったのは明らかだ」と述べている。

 相手のレアル・マドリーの印象については「普段通りのプレーだった。クリスティアーノ・ロナウドを最前線においていたが、システム的に大きく変わったわけではなかった。だが、彼らはいいプレーをし、いいプレッシャーをかけてきた」と答えている。

 会見では、上記以外にも様々な質問が投げかけられたが、「2点目のPKが全てだった」ということを度々口に出しており、流れを決定づけたこのPKが余程無念であったことを窺わせている。

【了】

新着記事

↑top