“第3GK”としてメスに加入した川島、今季1試合出場も「これで終えたくはない」

2017年01月26日(Thu)20時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

川島永嗣
メス所属の川島永嗣【写真:Getty Images】

 フランス1部のメスに所属する日本代表GK川島永嗣は、昨年夏の加入以来カップ戦で1試合に出場したのみという状況ながらも、出場機会獲得を目指して戦い続ける姿勢を示した。地元紙『レピュブリカン・ロラン』が25日にインタビューを伝えている。

 昨シーズン後半をスコットランドのダンディー・ユナイテッドで過ごした川島は、今季からリーグアンに昇格したメスに移籍。だが、加入を発表する時点で「第3GKを務める」と序列を明言する異例の公式リリースが出され、ポジション争いが厳しいものとなることは明白だった。

 2部の昨シーズンも正GKだったフランスU-21代表トマ・ディディヨンが大半の試合でゴールを守り、ダビド・オベルハウザーがそのバックアップを務める中、川島に出場機会が巡ってくることはない状況が続いた。だが今月8日に行われたクープ ・ドゥ・フランス(フランスカップ)のRCランス戦ではようやく川島も初出場を果たしている。

「ようやく公式戦でプレーすることができたのは良かったですね」と川島はランス戦の出場についてコメント。だが「十分ということはありません。ピッチに立つために必死に練習しています。1試合プレーしただけでシーズンを終えたくはないですね」とポジション争いへの意欲を見せている。

「契約時点でそうなることは分かっていました。プロ選手であれば、競争があるのは日常茶飯事です。問題にはならないですし、それどころか、ポジションを勝ち取るために全力を尽くすのはチーム全体にとってプラスになることです」

 フランスの隣国ベルギーでのプレー経験も長く、語学も得意としている川島は、メスへの適応にさほど苦労することはなかったとも話している。チームはリーグアン下位で苦戦を強いられているが、シーズン後半戦にはピッチ上で貢献を見せることができるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top