CL決勝でのS・ラモスの行為に痛烈批判。「私なら子供の目を見られない」

2017年06月05日(月)11時23分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , ,

セルヒオ・ラモス
レアル・マドリーのセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

 元イングランド代表のリオ・ファーディナンド氏は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスが見せた行為を痛烈に批判している。

 マドリーは現地時間3日にCL決勝でユベントスと対戦し、4-1の勝利で連覇を達成した。ファーディナンド氏が問題としているのは、ユーベのMFフアン・クアドラードが退場処分を受けた場面でのラモスの対応だ。

 後半途中から出場したクアドラードは、1枚イエローカードを受けたあと、84分のプレーでラモスと交錯。両者は一旦立ち上がったが、その後クアドラードがスローインのためボールを拾いに行こうとしたところで、ラモスは足を押さえて痛がりながら倒れ込んだ。クアドラードに足を踏まれたようにも見えるが、そうであったとしても偶然の接触であるとして、クアドラードに対しては同情的な声が集まっている。

 派手に痛がったラモスに対しては、過剰な反応だとして批判もある。「ラモスは明日になれば恥ずかしく思うだろう。私があんなことをするのを息子が見たとすれば、私なら恥ずかしくて息子の目を見ることができない」とファーディナンド氏も厳しい言葉を向けた。

 クアドラードが退場した時点でユーベは2点リードを奪われており、退場がなくても勝敗は変わらなかったかもしれない。だが10人となったユーベはほぼ完全に反撃の望みを絶たれ、終了間際にももう1点を奪われる結果に終わった。

【了】

新着記事

↑top