「アンチフットボール」とは何か。知られざる語の起源。勝利第一主義で生まれた“戦術”【サッカー用語の基礎知識】

知っているようでよく理解できていない、そんなサッカー用語を普段見聞きしていることはないだろうか。語彙の面からサッカーに迫ることで、より深い理解が可能になるかもしれない。今回は「アンチフットボール」について考える。(文:実川元子)

2017年07月12日(Wed)10時19分配信

シリーズ:サッカー用語の基礎知識
text by 実川元子 photo Getty Images
Tags: ,

EURO2016で優勝したポルトガルはアンチフットボール?

EURO2016を制したポルトガル代表
EURO2016を制したポルトガル代表【写真:Getty Images】

 2017年6月17日から7月2日までロシアで開催されたコンフェデレーションズカップを見ながら、ひそかに懸念していたことがある。

 世界的大会で近年繰り返されるアンチフットボールをまた見せられるのではないか。2016年フランスで開催されたEURO欧州選手権で優勝したポルトガルは、準々決勝までの5試合すべて引き分け、決勝も109分にようやく1点とって優勝した。どの試合も正直、見ていておもしろくはなかった。

 確かに勝負ごとだし、勝ったチームが強いのだし、「結果がすべて」ではあるけれど、プロのサッカーは観ている人を楽しませるべきではないか。だが、優勝したとはいえ、ポルトガル代表の試合にカタルシスを感じることがなかった。あれこそまさにアンチフットボールだと私は思った。

 ところが、ワールドカップのプレ大会という位置づけのためか、それとも起用された若手がのびのびとプレーしたためか、コンフェデレーションズカップはどの試合もおもしろかった。

 準決勝のポルトガル対チリ戦は、スコアレスドローにもかかわらず最後まで興奮させられたし、PK戦ではGKブラボのすばらしさに絶叫したほどだ。なんだ、ポルトガル。アンチフットボールじゃなくても結構やれるじゃないか、とちょっと見直した。敗退したけれど。

 極度に守備的で退屈なサッカーを、つい私は「勝てばいいとサッカーのおもしろさを殺すアンチフットボール!」と批判してしまうのだが、そもそもアンチフットボールとはどういう意味なのだろう?

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top