ドルト、U-17W杯得点王に照準。17歳サンチョに続きトップチーム昇格前に獲得か?

2017年11月21日(Tue)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

リアン・ブリュースター
リバプールに所属するリアン・ブリュースター【写真:Getty Images】

 リバプールの下部組織(U-23)に所属する17歳のU-18イングランド代表FWリアン・ブリュースターの獲得をドルトムントが目指しているようだ。20日に独メディア『フットボールトランスファー』が報じている。

 同メディアによると、プレミアリーグ2などの試合にドルトムントがスカウトを派遣しブリュースターの調査を行っているとのこと。トップチーム昇格する前に獲得しようと考えているようだ。今夏の移籍市場では、マンチェスター・シティの下部組織に所属していた17歳のジェイドン・サンチョを獲得している。また、ユベントスもブリュースターに興味を示しているようだ。

 ブリュースターは今年10月に開催されたU-17W杯にイングランド代表として出場し、6試合で8ゴール記録。アメリカ戦とブラジル戦の2試合でハットトリックを達成し大会得点王に輝いている。

 U-17イングランド代表としては、22試合出場で通算20ゴール。ずば抜けた得点力を発揮している選手だ。現地時間18日に行われたU-23エバートンとの試合では、味方が出した左サイドからのロングボールに反応し、強烈なダイレクトボレーで鮮やかに得点。身体能力の高さを証明している。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top