43歳ゼ・ロベルトが現役引退へ。レアル在籍時にはCL優勝も経験

2017年11月27日(Mon)9時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20171127_ze-robert_getty
ゼ・ロベルト【写真:Getty Images】

 パルメイラスに所属する元ブラジル代表MFゼ・ロベルトが現役引退を発表した。

 ゼ・ロベルトは「月曜日(現地時間27日)私はアリアンツ・パルケ(スタジアム)で最後の試合を行います」と同クラブのホームページで語っている。なお、クラブはゼ・ロベルトのキャリア最後の試合で盛大なセレモニーを計画しているようだ。

 1974年生まれのゼ・ロベルトは1994年にブラジルのポルトゲーザでプロとしてのキャリアをスタートさせる。その後レアル・マドリーに移籍し1997/1998シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験した。

 ゼ・ロベルトがキャリアの多くの時間を過ごしたのはドイツである。レバークーゼンを始めバイエルン・ミュンヘンとハンブルガーSVでプレーしブンデスリーガ通算336試合で39ゴール97アシストの数字を残した。その後カタールリーグを経て2012年からは母国ブラジルでプレーしており昨季はパルメイラスを22年ぶりにブラジル全国選手権1部優勝に導いた。

 またブラジル代表としても1998年フランスW杯と2006年のドイツW杯でプレーするなど通算86試合に出場した。

 高い技術と献身的な守備、また精度の高いフリーキックも兼ね備えているゼ・ロベルトは所属する全てのチームで重宝された。そんな43歳もキャリア通算681試合目でスパイクを脱ぐことになる。

【了】

新着記事

↑top