20180105_mkhitaryan_getty
マンチェスター・ユナイテッドのヘンリク・ムヒタリアン【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンは再びボルシア・ドルトムントのユニフォームを着る可能性はあるのだろうか。

 今季のムヒタリアンはここまでリーグ戦15試合に出場するもフル出場はなくレギュラーの座を獲得する事が出来ていない。4日付けの独紙『ルール・ハナリヒテン』はドルトムントがそんな28歳の獲得を検討していると報じている。

 2013年から2016年までドルトムントでプレーしたムヒタリアンは公式戦140試合で41ゴール49アシストと印象的な活躍を見せた。2016年夏に4200万ユーロ(約56億円)でユナイテッドに移籍した後もドルトムントファンの間では復帰を求める声が上がっている。

 記事ではユナイテッドに適正なオファーが届いた場合、またムヒタリアンが現在の年俸1250万ユーロ(約16億2000万円)からの減額を受け入れればドルトムントへの復帰も可能になってくると伝えている。

 7年連続でアルメニア年間最優秀選手に選ばれるムヒタリアンが2016年以来再び香川真司と同じユニフォームを着てプレーする事になるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top