35歳DF、代表出場4試合もW杯で11年振り復帰か。ブラジル監督「チャンスある」

2018年01月29日(Mon)9時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20180129_naldo_getty
シャルケのナウド【写真:Getty Images】

 ブラジル代表チッチ監督はシャルケに所属するDFナウドを6月に開催されるロシアワールドカップに招集する可能性を示唆した。独誌「キッカー」が報じている。

 チッチ監督は同誌で「ナウドは我々が注目している選手の一人だ。センターバックのポジションはまだ固まっていないからね」と語っている。

 今季のナウドはシャルケで好調を維持している。開幕から全試合フル出場を果たし5ゴールを挙げる35歳は現在リーグ3位のチームの中心選手として存在感を発揮している。また現地時間27日に行われたシュトゥットガルト戦でリーグ通算337試合出場を達成したナウドはブンデスリーガのブラジル人最多出場記録を更新した。

 ナウドはブラジル代表として4試合でプレーしている。最後の出場となったのは2007年8月22日に行われたアルジェリアとの親善試合だ。

「トップリーグでプレーしている全ての選手にチャンスはある」と語るチッチ監督。このまま好調をキープ出来ればナウドの11年ぶりのセレソン招集の可能性もあるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top