好調維持する本田、後期全試合で得点関与。アシスト数はリーグ首位タイ

2018年02月12日(Mon)11時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

本田圭佑
パチューカの本田圭佑【写真:Getty Images】

 メキシコ・リーガMX後期第6節の試合が現地時間の11日に行われ、パチューカがアウェイでベラクルスに1-0の勝利を収めた。本田圭佑はCKから決勝点をアシストしている。

 先発で出場した本田は前半35分、右CKから左足でのクロスをニアへ入れる。MFエリック・グティエレスが頭で合わせたボールは弧を描いてGKの頭上を超え、左ポストの内側に当たってネットの中に収まった。

 この1点が決勝点となり、終盤の劣勢を耐え抜いたパチューカは1-0で勝利。連敗を2でストップし、3試合ぶりとなる白星を挙げることに成功している。

 第2節のクラブ・アメリカ戦で1アシスト、第3節のロボスBUAP戦で2アシストを記録していた本田は、これで後期に入って6試合で4つ目のアシスト。アシストのなかった3試合ではゴールを決めており、これまで6試合全てで得点に関与している。

 米『ESPN』などが集計しているデータによれば、後期リーグでの4アシストは現時点でリーグ最多タイ。クラブ・アメリカのエクアドル代表MFレナト・イバーラと並んでランキング首位に立っている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top