練習の6~7割が筋トレ、直後に500g超の肉を摂取。いわきFCのフィジカル革命【いわきFCの果てなき夢】

日本のフィジカルスタンダードを変える――2018年はJ1から数えて6部に相当する、東北社会人2部南リーグを主戦場とするいわきFCが掲げる壮大な夢のひとつだ。血液検査で栄養バランスをチェックし、遺伝子検査も導入して個々に合ったメニューを作成し、練習の6割から7割を筋力トレーニングにあてる。昨夏からは「肉トレ」と命名された食事革命も施されるなど、日本サッカー界でも前例のない、異端にも映るチャレンジの跡を追った。(取材・文:藤江直人)

2018年02月22日(Thu)10時19分配信

シリーズ:いわきFCの果てなき夢
text by 藤江直人 photo Editorial Staff
Tags: , ,

「ジュニアサッカーを応援しよう!」連動企画
ジュニアサッカーを応援しよう!『いわきFCの果てなき夢』連載ページ

鄭大世が口にした憧憬の思い

株式会社いわきスポーツクラブの大倉智代表取締役
株式会社いわきスポーツクラブの大倉智代表取締役【写真:フットボールチャンネル編集部】

 何気なく目にしたコメントを読んでいるうちに、嬉しさが込みあげてきた。福島県社会人リーグ2部から挑戦をスタートさせて3年目。戦いの舞台を今シーズンから東北社会人2部南リーグに移すいわきFCが、ピッチの上で具現化させようとしている夢が凝縮されていたからだ。

「フィジカルだけでは勝てないのはわかっているけれども、エスパルス戦後に鄭大世がコメントしていたように、いままでの世界観みたいなものを僕たちは打ち破りたいと思っているので」

 いわきFCの総監督も務める、運営母体・株式会社いわきスポーツクラブの大倉智代表取締役(48)の表情を綻ばせたコメントは、善戦及ばず0‐2で屈し、天皇杯全日本サッカー選手権における快進撃を止められた昨年7月の清水エスパルスとの3回戦後に飛び出していた。

「敵ながらあっぱれでしょう。いい時間帯にウチが点を取れなかったら、正直、どうなっていたか。いやぁ、いいサッカーでした。本当に強かったし、今後を応援したくなりましたよ」

 声の主はエスパルスのエースストライカーにしてキャプテン、鄭大世だった。IAIスタジアム日本平のピッチで初めて対峙したいわきFCの選手たちに、正確に言えばユニフォーム越しにはっきりとわかる筋骨隆々のボディへ抱いた、憧憬の思いを素直に口にしている。

「僕も筋トレをしたいけど、J1だけでなくJ2やJ3を含めたすべてのクラブが、怖がって絶対にやらせてくれないですよ。けがをしたら誰が責任を取るのか、となるから。特に筋肉系のけがなら、必ず筋トレが原因だという話になるので。それをやっていること自体が、すごいと思っています」

 2012年6月に立ち上げられたいわきFCを運営していた、一般社団法人いわきスポーツクラブから運営権を譲り受けた2015年12月に、サッカーというスポーツを通じて実現する3つの夢が掲げられた。その2つ目として、こんな言葉が綴られている。

「日本のフィジカルスタンダードを変える~魂の息吹くフットボール~」

 具体的には何を、どのように変えようとしているのか。強化部長、ゼネラルマネージャー、取締役社長、そして代表取締役社長として湘南ベルマーレに11年間携わってきた大倉代表取締役は、心の片隅に忸怩たる思いを抱いてきたと打ち明ける。

「僕自身がもともと、興行とは非日常的な空間のなかでお客様が『えっ』と思うような、大きな体の選手たちがやるべきだという考え方をもっていた。ヨーロッパやアメリカでは当たり前のこととなっているのに、Jリーグにいるとなかなかチャレンジできない環境にあったので」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top