ズラタン・イブラヒモビッチ
ユナイテッドでプレーしていたズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 現地時間27日に英メディア『サッカー・ラドゥマ』が「来季、イブラヒモビッチのマンU背番号10を受け継ぐ可能性がある8人の候補」を発表した。

 2016年夏にパリ・サンジェルマンからユナイテッドに移籍し、加入初年度でリーグ戦28試合出場で17得点を記録。ただ、2017年4月に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアンデルレヒト戦で右膝前十字靭帯損傷という大怪我を負った。

 シーズン終了後に契約満了のためユナイテッドを退団。しかし、新たに契約を結び直してユナイテッドに戻り背番号10を託された。だが、負傷の影響もあり今季は思うように活躍できず。22日にユナイテッドとの契約を解除し、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍している。

 ユナイテッドの伝統の背番号といえば「7番」だ。一方で10番はこれまでテディ・シェリンガム、ルート・ファン・ニステルローイ、ウェイン・ルーニーなどが背負ってきており、実力者が身につける背番号として定着している。それだけに、イブラヒモビッチの跡を継ぐ選手が誰になるかは気になるところだ。

 同メディアは現在ユナイテッドに在籍している選手と、夏の移籍市場で獲得する可能性がある選手の中から「背番号10を受け継ぐ可能性がある8人の候補」を選出した。その8人の候補は以下の通り。

【来季、イブラヒモビッチのマンU背番号10を受け継ぐ可能性がある8人の候補】

フアン・マタ(ユナイテッド在籍)
ジェシー・リンガード(ユナイテッド在籍)
ウィリアン(チェルシー)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
ハリー・ケイン(トッテナム)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
ガレス・ベイル(レアル・マドリー)

【了】

新着記事

↑top