堂安律、ロッベンの記録に並ぶ。10代で8ゴールはクラブ歴代3位タイ

2018年04月16日(Mon)11時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

堂安律
フローニンゲンの堂安律【写真:Getty Images】

 オランダ・エールディビジ第31節の試合が現地時間15日に行われ、フローニンゲンはホームでローダと対戦。MF堂安律のゴールなどで2-1の勝利を収めた。

 先発で出場した堂安は前半15分に先制ゴールを記録。ペナルティーエリア手前の右寄りの位置でボールを受け、左足での低く鋭いシュートをゴール左隅へ突き刺した。

 堂安はこれが今季8点目のゴール。スポーツのデータ分析を手がける『Opta』によれば、10代の選手がフローニンゲンで記録した通算得点数としては歴代3位タイであり、現在バイエルン・ミュンヘンに所属するFWアリエン・ロッベンの数字に並んだ。

 フローニンゲンの下部組織で育ったロッベンは2000年に16歳でトップチームデビュー。18歳でPSVに移籍するまでにリーグ戦48試合で8ゴールを挙げた。なお、19歳の堂安はここまで26試合で8ゴールを記録している。

 歴代2位は2012年から14年までフローニンゲンでプレーしたFWリハイロ・ジヴコヴィッチの10得点。1位は現在オランダ代表監督を務めるロナルド・クーマン氏。DFでありながら驚異的な得点力を誇ったクーマン氏はフローニンゲンで10代のうちに30ゴールを記録していた。

 また、日本人選手がエールディビジ1年目で記録した得点数としては2005/06シーズンにヘラクレスでプレーした平山相太氏に並んだ。1シーズン目を除けばハーフナー・マイクが最多の16ゴールを記録している。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top