バルサ、「カンテラ出身者ゼロ」の先発メンバー。リーガで16年ぶりの珍事

2018年04月18日(Wed)18時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

バルセロナ
バルセロナ【写真:Getty Images】

 現地時間17日にリーガエスパニョーラ第33節の試合が行われ、バルセロナはアウェイでセルタと対戦して2-2のドローに終わった。この試合ではバルサにとって「16年ぶり」となる珍事が起きたことをスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 エルネスト・バルベルデ監督はミッドウィークのこの試合に向けて先発メンバーを変更。FWリオネル・メッシやDFジョルディ・アルバ、MFセルジ・ロベルトらはベンチスタートとなり、DFジェラール・ピケ、MFセルヒオ・ブスケッツ、MFアンドレス・イニエスタらはベンチにも入らなかった。

 先発で出場したバルサのメンバーはGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、DFネウソン・セメド、ジェリー・ミナ、トーマス・ヴェルメーレン、リュカ・ディーニュ、MFアンドレ・ゴメス、パウリーニョ、フィリッペ・コウチーニョ、デニス・スアレス、FWパコ・アルカセル、ウスマン・デンベレという11人。これはリーガの試合では16年ぶりに、バルサの「カンテラ」(下部組織)出身者が一人もいない先発メンバーとなった。

 下部組織出身者が一人もいない先発メンバーの前回の例は2002年4月6日のアスレティック・ビルバオ戦。当時の先発にはフィリップ・コクー氏やルイス・エンリケ氏、リバウド氏、ハビエル・サビオラ氏などが名を連ねていた。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top