20180810_barca_getty
バルセロナを離れたパウリーニョ、ジェリー・ミナ、リュカ・ディーニュ【写真:Getty Images】

 バルセロナが選手放出による売却益が記録的な額に達している。スペイン『スポルト』などが伝えた。

 バルセロナは現地時間9日、イングランドの移籍市場閉鎖を前にDFジェリー・ミナとMFアンドレ・ゴメスのエバートン移籍が決まった。

 これでバルセロナは今夏9人を放出。うち6人に移籍金が発生している。その売却額は1億2410万ユーロ(約160億円)となり、FWネイマールをパリ・サンジェルマンに放出した1年前を除くと、一つの移籍期間で最高額になったとのことだ。

 今夏のバルセロナは、MFパウリーニョを広州恒大に5000万ユーロで放出。DFジェリー・ミナが3020万ユーロ、DFリュカ・ディーニュが2020万ユーロ、MFジェラール・デウロフェウが1300万ユーロ、アレイシ・ビダルが850万ユーロ、アンドレ・ゴメスが220万ユーロ(レンタル)、合計1億2410万ユーロとなっている。

 その一方でMFアルトゥーロ・ビダル、FWマルコム、DFクレマン・ラングレを獲得したバルセロナ。新シーズンはどのようなサッカーを見せるだろうか。

【了】

日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル
『日本代表ロシアW杯ベスト16 メモリアル』緊急刊行!
ロシアでの「激闘を追体験」をコンセプトに日本代表の試合と選手を美麗な写真約250点を使って振り返る永久保存版のメモリアルな一冊。

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top