0-3敗戦のマンU、責任は誰に? ポグバの評価は分かれる。奇策エレーラは及第点

2018年08月28日(Tue)9時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

20180828_manu_getty
トッテナムに敗れたマンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間27日、プレミアリーグ第3節のトッテナム戦を0-3で落とした。個々のパフォーマンスを英メディアが分析している。

 ジョゼ・モウリーニョ監督はトッテナム戦で「奇策」を講じた。MFのアンデル・エレーラを3バックの右で起用。サプライズとなった。

 ただ、エレーラの責任は大きくないという見方が強い。『デイリー・ミラー』は「不慣れな3バックの右で奮闘。ただ、次第に消えた」と記し、「6」と平均的な採点をつけた。『スカイ・スポーツ』は出場した14人全てが「4」か「5」の採点。エレーラは「5」の方に入っている。ただ、「5.5」を付けた『デイリー・メール』は、「大きなギャンブルだった」とし、ルーカス・モウラの2点目については責任があるとした。

 それでも、途中出場で入った本職がCBのビクトル・リンデロフのパフォーマンスが冴えなかったことをふまえると、悪くない選択だったと言えるかもしれない。

 それよりもディフェンスラインではフィル・ジョーンズの評価が低く、上記3メディアではいずれもチーム最低タイとなる点数がついた。

 評価が分かれた選手の一人はMFポール・ポグバ。『スカイ』と『ミラー』が低く評価した一方で、『メール』は「6.5」の高評価だった。「ビッグゲームでさらにステップアップしなければいけない」としつつも、前節の「ブライトン戦より良い姿勢だった」と記した。

 各メディアそろって高評価だったのは、左サイドのルーク・ショー。『スカイ』は「5」をつけ、『メール』と『ミラー』は「7」としている。

 いずれにしても、高評価も低評価も突出した選手はなく、チーム全体として不十分だったということは間違いない。名門ユナイテッドはここからどう立て直すだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top