C・ロナウド移籍を惜しむバルサ会長。「ネイマールに続いてスターを失った」

2018年09月18日(Tue)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

クリスティアーノ・ロナウド
ユベントスのクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、宿敵レアル・マドリーのエースだったFWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍したことを惜しんでいる。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がインタビューを伝えた。

 マドリーのエースとして9年間にわたって活躍し、バルサのFWリオネル・メッシと高いレベルで競い合い続けていたC・ロナウド。だが今年夏にマドリーを離れ、イタリアに新天地を求めた。

「私としては残念な話だ。リーガがスター選手を失ったのだからね」とバルトメウ会長はコメント。「ネイマールに続いて2年間で2人目だ」と、昨夏にバルサからパリ・サンジェルマンへ移籍したブラジル代表FWにも言及している。

「マドリーが弱くなる可能性があるということに興味はない。最高のサッカーをしてほしいと思う。そうでなければ最も裕福なリーグであるプレミアリーグとは争えない」とライバルクラブの主力退団を嘆いた。

 一方でユーベにとっては大きな補強になるという考えを述べている。「ロナウドはユーベだけでなく、セリエA全体を良くする。チャンピオンズリーグに関しては、メッシの言っていた通りだ。ロナウドのいるユーベは今まで以上にタイトル候補になる」

【了】

新着記事

FChan TV

↑top