ロリス・カリウス
昨季チャンピオンズリーグ決勝でミスを連発したロリス・カリウス【写真:Getty Images】

 現地時間24日に国際サッカー連盟(FIFA)による「ザ・ベスト賞」授賞式がロンドンで開かれ、各賞の受賞者が発表された。一方でスペイン『マルカ』紙では、ザ・ベストならぬ「ザ・ワースト賞」を選出している。

 昨季のワーストGKに選ばれたのは現ベジクタシュのロリス・カリウス。リバプールに所属していた昨季、カリウスはチャンピオンズリーグ決勝で致命的なミスを連発してレアル・マドリーにゴールを許した。

 ワーストDFにはマンチェスター・ユナイテッドのビクトル・リンデロフを選出。ワーストMFにはニースでわずか8試合の出場に終わったヴェスレイ・スナイデル(現アル・ガラファ)、ワーストFWにはユナイテッドサポーターからも酷評されているFWアレクシス・サンチェスが選ばれた。

 ワースト監督には3人の候補を選び、ユーザー投票を行っている。ミランとセビージャで年間2回の解任を味わったヴィンチェンツォ・モンテッラ監督、アルゼンチン代表を率いてワールドカップ早期敗退に終わったホルヘ・サンパオリ監督、就任77日でクリスタル・パレスに解任されたフランク・デ・ブール監督の3人だ。

「ワースト補強」も4人の候補を選出。ミランのDFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)、チェルシーのMFティエムエ・バカヨコ(現ミラン)、ユーベのDFベネディクト・ヘーベデス(現ロコモティフ・モスクワ)、トッテナムのFWフェルナンド・ジョレンテの4人で投票が行われている。

 ワーストイレブンにはGKカリウス、DFリンデロフ、ボヌッチ、ヘーベデス、MFガンソ、バカヨコ、スナイデル、メスト・エジル、FWアレクシス・サンチェス、ルシアーノ・ビエット、ケレチ・イヘアナチョという11人が選ばれた。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top