ヴィンチェンツォ・モンテッラ

ミランはローマに敗れ連敗となってしまった

ミラン、未熟さ露呈し2連敗。大量補強の反動。モンテッラ監督の立場は厳しく

ナポリが開幕7連勝を達成し、ユベントスがアタランタと引き分けた17/18シーズンのセリエA第7節。10月1日、ACミランはホームにローマを迎え0-2の黒星を喫した。夏に大量補強を敢行し陣容を一新したロッソネーロだったが、選手の大半が昨季からの残留メンバーで構成されるローマを相手に、その成熟度の差を見せつけられた。(文:神尾光臣【イタリア】)

ミランのMF本田圭佑

本田、ミランで再評価の理由。最終戦で託されたキャプテンマーク。失わなかった実直さ

28日、セリエA最終節が行われ、ミランの本田圭佑は今季はじめてフル出場。前節のボローニャ戦で直接フリーキックからゴールを決めた日本代表MFは、ミランでのラストゲームではキャプテンマークを託された。シーズンを通してベンチを温める時間が長かったが、なぜ最終盤にきて出場機会が与えられたのか。その理由を思案してみれば、本田圭佑の本質的な魅力の一端が見えてくる。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top