世界で最も空中戦に強いのは誰? 能力別ランキング、Fチャン編集部選定(10位~1位)【編集部フォーカス】

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の名手たちの各能力を独断で数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する。

2018年10月02日(Tue)10時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

10位:ユベントスの長身FW

マリオ・マンジュキッチ
マリオ・マンジュキッチの能力値【写真:Getty Images】

FW:マリオ・マンジュキッチ(元クロアチア代表/ユベントス)
生年月日:1986年5月21日(32歳)
身長190cm 体重81kg
利き足:右
昨季リーグ戦成績:32試合5得点3アシスト
市場価格:2000万ユーロ(約26億円)

 ロシアワールドカップでクロアチア代表の準優勝に貢献した長身FW。守備にも尽力的であり、ポストプレーの上手さも光る。ユベントスでは、本職のCF以外にもウィングとして出場することも多い。マンジュキッチが同ポジションでプレーすることにより、相手SBとの身長差を活かしてサイドで起点を作ることが可能になる。戦術面でも多大な貢献度を誇っていると言えるだろう。

9位:ビッグクラブが熱視線を送るMF

セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ
セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチの能力値【写真:Getty Images】

MF:セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(セルビア代表/ラツィオ)
生年月日:1995年2月27日(23歳)
身長192cm 体重76kg
利き足:右
昨季リーグ戦成績:35試合12得点4アシスト
市場価格:9000万ユーロ(約116億円)

 数々のビッグクラブが獲得を熱望しているセルビア代表MF。身長は192cmと大柄でありながら足下の技術もしっかりしており、中盤の底から違いを生みだすこともできる。空中戦の強さは言うまでもなく世界トップクラス。セットプレー時には相手の脅威となるだろう。

8位:ドイツ代表の未来を担うCB

ニクラス・ジューレ
ニクラス・ジューレの能力値【写真:Getty Images】

DF:ニクラス・ジューレ(ドイツ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年9月3日(23歳)
身長195cm 体重89kg
利き足:右
昨季リーグ戦成績:27試合2得点1アシスト
市場価格:4500万ユーロ(約58億円)

 ホッフェンハイムで目覚ましい活躍を果たした23歳のCB。身長195cm、体重95kgと申し分ない体格を誇っており、対人戦にはめっぽう強い。そのパワフルな体を活かした弾丸ミドルもジューレの持ち味である。所属するバイエルン・ミュンヘンではマッツ・フンメルスやジェローム・ボアテングの控えに甘んじることも多いが、レベルは高い。

【次ページ】7位~4位

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top