ボルト、豪クラブで親善試合先発へ。サッカーキャリアを左右する一戦か

2018年10月10日(Wed)20時17分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

ウサイン・ボルト
セントラルコースト・マリナーズの練習に参加しているウサイン・ボルト【写真:Getty Images】

 オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズで練習に参加している元陸上金メダリストのウサイン・ボルトは、12日に行われる親善試合で先発起用が見込まれている。サッカー選手としての本格的なキャリアを歩むことができるかどうかを左右する一戦になるかもしれない。『ロイター通信』などが伝えた。

 陸上競技からの引退後、本格的にプロサッカー選手を目指しているボルトは、8月からトライアルとしてマリナーズの練習に参加している。クラブは必ずしもプロ契約を保証してはいないが、サッカー選手としての能力を証明することができれば契約に至る可能性もあるかもしれない。

 今月開幕するAリーグに向けて準備を進めているマリナーズは、12日にマッカーサー・サウスウェスト・ユナイテッドとの親善試合を行う。ボルトはこの試合に向けて、FWで先発に起用される見通しであることを監督に告げられたという。

「前線でプレーしてほしいと言われた。とにかく必死にプレーすることに集中し、チャンスがあれば活かすようにと言われたよ」とボルトはコメントしている。

 マリナーズと契約を交わし、正式にサッカー選手になれるかどうかを左右する一戦となりそうだ。「クラブが僕のキャリアをどうしたいのか、この試合が決めることになる。すごく大事な試合だ」とその意味を強調した。

「動きもボールタッチも、前よりはるかに良くなっている。体の使い方やボールの置き方も。たくさんのことを学んだし、コンディションもはるかに良くなった」と自信を見せるボルト。プロサッカー選手という新たな夢を叶えることはできるだろうか。

【了】

新着記事

↑top