サラー、代表でCKから直接ゴール! だがその後負傷でリバプールに不安…

2018年10月13日(Sat)17時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

モハメド・サラー
エジプト代表のモハメド・サラー【写真:Getty Images】

 リバプールに所属するエジプト代表のFWモハメド・サラーは、代表チームの試合でコーナーキックからの直接ゴールを記録した。だがその後負傷交代で試合を終えている。

 元日本代表監督ののハビエル・アギーレ監督が率いるエジプト代表は、現地時間12日に行われたアフリカ・ネーションズカップ2019予選の試合でスワジランド代表と対戦。4-1の勝利を収め、アギーレ監督就任から2連勝を飾った。

 サラーは前半終了間際にチームの4点目のゴールを記録。左CKから左足で蹴ったボールが曲線を描き、そのままゴールネットに収まった。

 だが、その後左足の筋肉を痛めた様子でプレー続行不可能に。ピッチ上で治療を受けたが、後半アディショナルタイムに交代を余儀なくされた。

 サラーの状態はリバプールにとっても気にかかるところだが、エジプト代表アシスタントコーチのハニ・ラムジ氏はおそらく軽傷という見方を示している。「サラーは筋肉を痛めたというのが最初の診断だ。さらなる検査で詳細を確認するが、私としては危険なものではないと思う」と『beINスポーツ』に語った。

【了】

新着記事

↑top