CB不足のバルサ、元チェルシーの34歳を1月に狙う? プレミア勢と争奪戦か

2018年10月18日(Thu)8時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ブラニスラフ・イバノビッチ
元チェルシーのブラニスラフ・イバノビッチ【写真:Getty Images】

 センターバック陣が手薄となっているバルセロナは、1月の移籍市場でロシアのゼニト・サンクトペテルブルクに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチの獲得を狙う可能性があるとみられている。英紙『デイリー・メール』が17日付で伝えた。

 現在34歳のイバノビッチはチェルシーで9年間にわたってプレーしたあと昨年2月にゼニトへ移籍。セルビア代表としてロシアワールドカップにも出場し、同国歴代最多となる代表105キャップを達成している。

 バルサはイバノビッチがチェルシーを去る前にも獲得を検討していたとみられている。来年1月の移籍市場で、守備陣の補強として再び獲得を狙うことになるかもしれない。

 バルサのDFサミュエル・ウンティティは膝を負傷しており、手術が必要となった場合には年明け以降まで復帰できない可能性もあるとみられている。その場合、手薄となるCBの補強が必要となりそうだ。

 イバノビッチにはフラムやクリスタル・パレスも以前に獲得の打診を行っていたとのこと。両クラブが再び獲得を試みる可能性もあり、プレミアリーグ復帰も選択肢のひとつになり得ると予想されている。

【了】

新着記事

↑top