リーグ優勝19回のトルコの名門、就任僅か128日で監督解任。後任は“ロベカル”か

2018年10月30日(Tue)7時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

20181030_cocu_getty
フェネルバフチェを解任されたフィリップ・コクー監督【写真:Getty Images】

 トルコ1部フェネルバフチェは28日、フィリップ・コクー監督の解任を発表した。

 かつてPSVを3度のリーグ優勝に導くなど豊富な経験を持つ49歳のコクー監督は今季からフェネルバフチェと3年契約を結んだ。しかしチャンピオンズリーグの本戦出場を逃し、リーグでも開幕3連敗を喫するなど調子が上がらずチームも15位と低迷していることから就任128日、15試合目での解任となった。

 なお海外スポーツメディア『ビー・サッカー』では後任としてクラブOBで元ブラジル代表のロベルト・カルロス氏の名前を挙げている。リーグ優勝19回を誇る名門チームは果たして誰を新監督として招聘するのだろうか。

【了】

新着記事

↑top