今季初先発の岡崎慎司、現地評価は微妙…。しかし、エースとのプレーに好印象

2018年11月25日(Sun)5時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

【ブライトン 1-1 レスター・シティ プレミアリーグ第13節】

 レスター・シティのFW岡崎慎司は現地時間24日、プレミアリーグ第13節のブライトン戦に先発出場した。現地メディアの評価はあまり高くなかった。

 岡崎はプレミアリーグで今季初の先発出場。ようやくめぐってきたチャンスをいかしたいところだったが、1トップでの起用で序盤から存在感はあまり見せられなかった。さらに、28分にはレスターが退場者を出してしまい数的不利となり、活躍の場はより限られてしまう。

 1点ビハインドのレスターは56分にジェイミー・ヴァーディーを投入すると、途中出場のエースがPKを決めて、1-1の引き分けで勝ち点1を手にした。

 こうなると、現地メディアはヴァーディーの活躍を称え、岡崎に対する評価は伸びなかった。『スカイ・スポーツ』『デイリー・メール』ともに、岡崎に「5」の低めの採点をつけている。

 ただ、地元メディアの『レスター・マーキュリー』は、「6」と評価。70分に退いた岡崎について「9番の仕事はわずかだった。しかしヴァーディー投入後、以前の彼の姿を見られた」と記し、エースとともにプレーした時間帯に好印象を持っている。

 レスターは27日に行われるリーグカップで、DF吉田麻也ようするサウサンプトンと対戦する。

【了】

新着記事

↑top