無敗リバプール、宿敵マンU撃破で首位キープ。シュート36本浴びせて快勝

2018年12月17日(Mon)2時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20181217_manu_getty
リバプールがライバル撃破で首位を維持【写真:Getty Images】

【リバプール 3-1 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第16節】

 現地時間16日に行われたプレミアリーグ第16節のリバプール対マンチェスター・ユナイテッドは、3-1でホームのリバプールが勝利を収めた。

 前節終了時点で無敗のリバプールは、マンチェスター・シティを上回って首位と絶好調。対するユナイテッドは勝ち点16差で6位。イングランドを代表する名門2クラブに勢いの差があるのは明らかだ。

 順位表が示すとおり、リバプールが立ち上がりから主導権を握る展開。敵陣でボールを支配して積極的にシュートを狙った。

 先制点は24分。敵陣左寄りの位置でパスを受けたファビーニョがゴール前に浮き球のパスを出すと、マネが抜け出して胸でコントロール。そのまま左足のボレーを放ち、華麗にリードを奪う。

 しかし、長年のライバルであるユナイテッドは少ないチャンスをいかして食らいつく。33分、左サイドの深い位置からルカクが上げたクロスは精度を欠くが、相手GKアリソンがファンブル。こぼれ球をリンガードが詰めて1-1に追いついた。

 流れを引き込みたいユナイテッドは後半のスタートからダロトを下げてフェライニを投入した。

 だが、勝ち越しゴールを決めたのはリバプール。73分、左サイドでパスを受けたマネがドリブルで中に切れ込んで折り返すと、デ・ヘアに足で止められたボールがペナルティエリア内に転がった。これを途中出場のシャキリがシュート。ヤングに当たってゴール右隅に決まり、2-1となる。

 80分には大きな追加点。サラーとワンツーの形でパスを受けたシャキリがペナルティアークからシュートを放つと、今度はバイリーの足に当たってゴール左隅に決まった。

 このゴールでリバプールサポーターが勝利を確信した一方で、ユナイテッドはややトーンダウン。90分間で36本のシュートを浴びせたリバプールが宿敵を下して首位の座をキープした。

【得点者】
24分 1-0 マネ(リバプール)
33分 1-1 リンガード(マンチェスター・ユナイテッド)
73分 2-1 シャキリ(リバプール)
80分 3-1 シャキリ(リバプール)

【了】

新着記事

↑top