ナスリ、ウェスト・ハム加入が正式決定。ドーピング違反の出場停止が終了

2019年01月01日(Tue)11時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

サミル・ナスリ
ウェスト・ハム加入が決まったサミル・ナスリ【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのウェスト・ハムは31日、元フランス代表MFサミル・ナスリの加入が決定したことを発表した。契約期間は今季末までとなり、その後の延長に向けたオプションが設定されているとのことだ。

 現在31歳のナスリは過去にアーセナルやマンチェスター・シティなどでプレー。プレミアリーグで通算200試合以上に出場し、シティでは2度のリーグ優勝にも貢献した。

 だがセビージャに所属していた2016年12月、ナスリはアメリカで静脈内点滴の治療を受けたが、その治療内容が世界アンチ・ドーピング期間(WADA)の規定に反するものだったとして問題視された。トルコのアンタルヤスポルへ移籍したあと、昨年2月には欧州サッカー連盟(UEFA)からの出場停止処分を下された。

 処分の終了が12月31日に予定されていたナスリは、シティ時代の恩師でもあったマヌエル・ペジェグリーニ監督が率いるウェスト・ハムで練習に参加していた。公式戦でのプレーが可能となり、冬の移籍市場も開く1月1日付で正式に加入することが決まった。

「ウェスト・ハムにはロンドン最大のクラブのひとつになれる条件が全て揃っていると思う。旧知の監督が率いる野心溢れるチームの一員として、世界で最も競争の激しいリーグに復帰することができる。世界最高の仕事だ。本当に楽しみにしている」とナスリは入団に際してコメントしている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top