マヌエル・ペジェグリーニ

デイビッド・モイーズ

モイーズは結局、名将? 迷将? “フットボールの天才”はウェストハムをどう指揮しているのか?

シーズン開幕前、英国ブックメーカーの多くは「プレミアリーグで最初に解任される監督」の一番人気にウェストハムのデイビッド・モイーズ監督を指名していた。その理由は様々だが、シーズン序盤の日程の過酷さは、その中でも最も大きな要因のうちの一つだろう。しかし蓋を開けてみればウルブズ、レスターに勝利をおさめ、スパーズとシティからは勝ち点1をもぎ取り8節、9節では連勝した。結局のところ、この老将は名将なのか、迷将なのか。(文:内藤秀明)

セルヒオ・ラモス

レアルに激怒するベティス陣営、一体なぜ? VARの「R」の意味はまさかのレアル!?

ラ・リーガ第3節が現地25日に行われ、敵地に乗り込んだレアル・マドリードはベティスに3-2で逆転勝利を収めた。この試合で結果以上に注目を浴びたのは、VARが介入して下された判定についてだった。一体何が起きたのか? 実は「VAR」には2つの意味があった?(文:舩木渉)

1029mourinho_getty

レアル・マドリーにモウリーニョという劇薬がもたらした勝利と副作用。打倒バルセロナの結末【レアルの20年史(4)】

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。ボスマン判決により欧州での選手の契約と移籍のあり方が変わり、今では100億円を超える契約解除金(移籍金)も珍しくはなくなった。その間、名門クラブはどのような変遷をたどったのか。レアル・マドリーの現代史を複数回に渡って取り上げる。(文:西部謙司)

新着記事

↑top