行方不明の新戦力を想い団結。カーディフ、サラに祈りを捧げる

2019年02月03日(Sun)8時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

エミリアーノ・サラ
ゴールを新たな仲間に捧げるカーディフの選手たち【写真:Getty Images】

 現地時間2日に行われたプレミアリーグ第25節のカーディフ対ボーンマスでは、スタジアム全体で一人の選手に祈りが捧げられた。英『デイリー・メール』などが伝えている。

 カーディフはこの冬、ナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを獲得した。この一戦のマッチデイ・プログラムの表紙にもなった同選手だが、まだチームに合流していない。サラはカーディフへ移動中に行方不明となったのだ。

 カーディフの選手はサラのことを想い、この一戦のウォーミングアップでサラの顔がプリントされたシャツを着た。スタジアムの外には多くの花が捧げられ、サラの名前が入ったグッズを持ったファンも多く見られている。

 試合前には大型スクリーンでサラの写真が表示されて黙祷。開始5分にカーディフが先制した際には、選手たちが新しいチームメートがプリントされたシャツを掲げた。同選手の年齢にちなんで28分には観客が立ち上がって拍手を送っている。

 サラはいまも消息不明だ。同選手を乗せた飛行機の捜索は一時打ち切られていたが、ナントを率いる元日本代表指揮官ヴァイッド・ハリルホジッチ監督らサッカー関係者を含む4000人以上の人々から資金が集っており、3日から水中調査が開始されることになっている。

【了】

新着記事

↑top