武藤嘉紀、アジアカップ後未だ出場なしに焦り。「思ったより深刻」

2019年03月08日(Fri)17時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

武藤嘉紀
武藤嘉紀【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が地元メディア『クロニクルライブ』の取材に応じた。同メディアが現地時間の8日に武藤のインタビュー記事を掲載している。

 今季からニューカッスルに加入した武藤は開幕から出場機会を重ねていたものの、昨年11月に行われたワトフォード戦で負傷交代。同12月のリバプール戦で戦列復帰したものの、アジアカップに出場した影響もあり、今年の1月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦以降の出場がない。

 アジアカップから合流後も状況は変わらず。合流後1試合も出場できていない。厳しい状況に立たされている武藤は、同メディアのインタビューで「アジアカップ後、僕はポジションを奪う自信があった。でも、状況は思ったよりも深刻で、僕がいない間にチームの状態が良くなっていた」と話した。

 同メディアによると、先月行われたスペインでのCSKAモスクワとのトレーニングマッチで45分間の出場を果たした武藤は、試合出場に向け好感触だったと話していたようだ。

 だが、結局は現地時間の2日に行われたウェストハムとの一戦ではプレーできていない。そのことに関して武藤は「タフな状況が続いている。僕はウェストハム戦でプレーできると思ったんだ。だが、できなかった。あの日は不運だった。怪我の影響でプレーすることができなかったんだ」と説明した。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top