監督招聘争いで“ミラノダービー”。インテル&ミランが前チェルシー指揮官に興味

2019年03月30日(Sat)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

アントニオ・コンテ
アントニオ・コンテ氏【写真:Getty Images】

 インテルとミランが、来季に向けてアントニオ・コンテ氏の招聘に動いているようだ。30日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 コンテ氏は2011年にユベントスの指揮官に就任した後、2014年に退くまでにセリエA優勝など様々なタイトルをチームにもたらした。2014年8月にはイタリア代表監督に就任し、EURO2016終了後に退任している。そして、2016年4月にチェルシーの指揮官に就任。低迷していたチームを立て直してプレミアリーグ優勝に導いた。しかし、2017/18シーズンは5位で終わり、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことを理由に7月、クラブから解任を告げられている。

 2016年4月にチェルシーの指揮官に就任し、低迷していたチームを立て直してプレミアリーグ優勝に導いた。しかし、2017/18シーズンは5位で終わり、チャンピオンズリーグ出場権を逃したことを理由に昨年7月、クラブから解任を告げられている。現在はフリーの状況だ。

 同メディアによると、インテルのジュゼッペ・マロッタCEOがコンテ氏の招聘に興味を示しているという。一方でミランは、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなければジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が解任される可能性があるとのこと。それに伴い、コンテ氏の招聘に動く可能性も。インテルとミランの間で、熾烈な監督招聘争いが繰り広げられるかもしれない。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top