ストラスブールが14年ぶりリーグ杯制覇でEL出場へ。川島永嗣もチームを祝福

2019年03月31日(Sun)14時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

川島永嗣
ストラスブールの川島永嗣【写真:Getty Images】

 クープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランス・リーグカップ)決勝が現地時間30日に行われ、ストラスブールとギャンガンが対戦。0-0からPK戦を制したストラスブールが優勝を飾った。

 リーグカップではパリ・サンジェルマン(PSG)が昨季まで5連覇を成し遂げていたが、今季は準々決勝でまさかの早期敗退。そのPSGを下して勝ち上がったギャンガンと、リヨンやボルドーを破って勝ち進んできたストラスブールが決勝で激突した。

 ストラスブールに所属するGK川島永嗣は残念ながらベンチ入りならず。U-21フランス代表のビングル・カマラがゴールを守ったストラスブールは延長まで120分間を無失点に抑え、4-1でPK戦を制した。ストラスブールの優勝は2005年以来14年ぶり3回目。

 今季からストラスブールに加入し、第3GKの立場となった川島は、これまで何度かベンチ入りはあるがトップチームでの出場はない。だが試合後には川島もトロフィーを手にし、チームのタイトル獲得を喜ぶ見せた。

 この優勝により、ストラスブールは来季ヨーロッパリーグの予選2回戦からの出場権も獲得。欧州の舞台で戦うのも、前回のリーグカップ優勝でUEFAカップに出場して以来14年ぶりとなる。

【了】

新着記事

↑top