吉田麻也、あわやPKのプレーもあり低採点。リバプールに3失点敗戦

2019年04月06日(Sat)16時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

吉田麻也
サウサンプトンの吉田麻也【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第32節の試合が現地時間5日に行われ、サウサンプトンがリバプールにホームで1-3の敗戦を喫した。先発でフル出場したサウサンプトンのDF吉田麻也に対し、多くの現地メディアは及第点を下回る評価を与えている。

 マンチェスター・シティと激しい優勝争いを繰り広げているリバプールに対し、サウサンプトンは前半9分にシェイン・ロングのゴールで先制。だが前半のうちにナビ・ケイタのゴールで同点とされ、終盤にはモハメド・サラーとジョーダン・ヘンダーソンに決められて逆転負けとなった。

 英『スカイ・スポーツ』は吉田のパフォーマンスに対し、チーム最低タイの「5」と厳しい採点。ケイタに対してPKを取られてもおかしくないタックルがあったことも指摘し、ロベルト・フィルミーノに対して良いブロックが1回あったのを除けば「やりにくそうだった」と評している。

『インディペンデント』紙も同じく「5」とチーム最低タイの採点をつけた。『90min』は採点「6」とし、チーム内で平均的な評価となっている。

 地元メディア『リード・サウサンプトン』では、チーム最低タイではあるが「7」という採点。「無謀なタックルでPKを与えかけたが、全体的にはしっかりディフェンスラインを率いていた」と評価している。

【了】

新着記事

↑top