原口元気、9試合連続先発で奮闘も及ばず。ハノーファーは降格にまた一歩近づく敗戦に…

2019年04月14日(Sun)0時52分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

原口元気
原口元気【写真:Getty Images】

【ハノーファー 0-1 ボルシアMG ブンデスリーガ第29節】

 ドイツ・ブンデスリーガ第29節が現地時間の13日に行われ、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーがホームでボルシアMGと対戦し、0-1で敗戦した。

 原口は4-3-3のインサイドハーフでプレーし、9試合連続のスタメンとなった。ボルシアMG攻撃陣の前に守備に追われる時間が続き、中々攻撃に絡むことができなかった。浅野はベンチ外となっている。

 ボルシアMGにいきなりアクシデントが襲う。シュティンドルが相手と接触し負傷。アラウージョとの交代を余儀なくされた。すると14分、ハノーファーにピンチが訪れる。ノイハウスがペナルティエリア内でボールを奪うと、チョンと浮かせたシュート。だが、これは威力が弱く、相手DFにクリアされる。

 17分、カウンターからハノーファーが決定的なチャンスを作る。右サイドからペナルティエリア内の中央でパスを受けたマイナが左足のシュート。だが、これは懸命に戻ったDFにブロックされた。

 ハノーファーはトルガン・アザールを中心に攻めるボルシアMGに苦戦。53分に緊急出場のアラウージョに決められ、失点した。原口も攻撃でチームに貢献するも、最後までゴールを奪えなかった。原口は81分にソトと交代。ハノーファーは0-1でボルシアMGに敗れた。

 これでハノーファーは8連敗となり、勝ち点14で最下位のまま。降格にまた一歩近づいてしまった。

【得点者】
53分 0-1 アラウージョ(ボルシアMG)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top