吉田麻也、アシストでチームの勝利に貢献。残留へ一歩近づく貴重な白星!

2019年04月14日(Sun)1時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

吉田麻也
吉田麻也【写真:Getty Images】

【サウサンプトン 3-1 ウォルバーハンプトン プレミアリーグ第34節】

 イングランド・プレミアリーグ第34節が現地時間の13日に行われ、DF吉田麻也が所属する17位サウサンプトンが8位ウォルバーハンプトンと対戦し、3-1で勝利を収めた。

 吉田は3バックの真ん中で先発し、6試合連続のスタメンとなった。体を投げ出して、相手シュートをブロックするなど、献身的な守備でチームに貢献した。

 先制したのは残留争いをしているサウサンプトンだった。2分、右サイドをシムズが抜け出すと、中央にグラウンダーのクロス。これをレドモンドがダイレクトで合わせ、ゴールに突き刺した。

 17分、ジョッタが左サイドでボールを受け、ペナルティエリア内に侵入。そのままシュートを放つが、吉田がスライディングでブロックした。だが、ウルブスが同点に追いつく。28分、モウティーニョの右コーナーキックから、ボリーが頭で合わせ、同点に追いついた。

 続く30分、イングスの縦パスに抜け出したレドモンドがペナルティエリア内で浮かせたシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれた。同点に追いつかれた直後にサウサンプトンが勝ち越しに成功した。その後、リードしているサウサンプトンだが、ウルブスにボールを回される時間帯が続く。

 後半に入ると、サウサンプトンがその勢いのまま追加点を奪う。72分、左コーナーキックの跳ね返りを吉田がオーバーヘッド。これは相手DFに当たるが、跳ね返りを吉田がロングにパス。これをロングが流し込み、3点目を奪った。

 試合はこのまま終了し、3-1でサウサンプトンが勝利を収めた。残留争いをしているサウサンプトンにとって、貴重な勝ち点3となった。

【得点者】
2分 1-0 レドモンド(サウサンプトン)
28分 1-1 ボリー(ウォルバーハンプトン)
30分 2-1 レドモンド(サウサンプトン)
72分 3-1 ロング(サウサンプトン)

【了】

新着記事

↑top