ヘタフェ、終了間際に土壇場PK弾で2-2ドロー。柴崎岳はベンチ入りも出場なし

2019年04月14日(Sun)20時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ヘタフェ
ヘタフェ【写真:Getty Images】

【バジャドリー 2-2 ヘタフェ リーガエスパニョーラ第32節】

 現地時間14日にリーガエスパニョーラ第32節の試合が行われ、5位ヘタフェは17位バジャドリーのホームに乗り込んで対戦。

 ヘタフェに所属する柴崎岳はベンチ入りを果たした。試合開始して14分、マウロ・アラムバリがペナルティーエリア外で右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール左隅にねじ込んでヘタフェに先制点が入る。

 しかし30分、クロスボールをバジャドリーのセルジ・グアルディオラに押し込まれ同点に追いつかれてしまった。さらに63分、ヘタフェのマティアス・オリベラが退場し数的不利に。すると69分、ヘタフェのデコナン・ジェネがペナルティーエリア内でハンドしたことでバジャドリーにPKのチャンスが与えられる。

 このPKをバジャドリーのエネス・ユナルに決められ逆転されてしまった。それでも後半アディショナルタイム、ヘタフェがPKを獲得。このPKをホルヘ・モリーナが決めて土壇場で同点に追いつく。そのまま試合は終了し、2-2の引き分けに終わっている。なお、ベンチ入りした柴崎の出場はなかった。

【得点者】
14分 0-1 アラムバリ(ヘタフェ)
30分 1-1 グアルディオラ(バジャドリー)
69分 2-1 ユナル(バジャドリー)
90分+6分 2-2 モリーナ(ヘタフェ)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top