レオナルド・ボヌッチ、パウロ・ディバラ
レオナルド・ボヌッチとパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

 現地時間20日に行われたセリエA第33節のフィオレンティーナ戦に勝利を収めたことで、ユベントスは前人未到の8連覇となる今季のリーグ優勝を決定した。勝ち続けてきたこの8年間に、最も多くの試合に出場した選手や最も多くのゴールを記録した選手は誰だろうか。

 ユーベはアントニオ・コンテ前監督が就任した2011/12シーズンに無敗で9年ぶりのリーグ優勝。3連覇を達成したコンテ監督に代わってマッシミリアーノ・アッレグリ現監督が就任したあとも他クラブを寄せ付けず、過去のリーグ記録だった5連覇を上回り記録を伸ばし続けている。

 伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』ではこの8年間のユーベの公式戦出場数と得点数のランキングを作成した。最多の312試合に出場しているのはDFレオナルド・ボヌッチ。2017/18シーズンはミランでプレーしたが、1年でユーベに復帰し、計7回の優勝に貢献してきた。

 2位は昨季限りでチームを去ったGKジャンルイジ・ブッフォンの295試合。DFジョルジョ・キエッリーニが293試合で3位、DFアンドレア・バルザーリが265試合で4位に続いている。8連覇の最初から現在までユーベに所属し続けている選手はキエッリーニとバルザーリの2人のみだ。5位以下にはシュテファン・リヒトシュタイナー(258試合)、クラウディオ・マルキージオ(255試合)、パウロ・ディバラ(179試合)、ポール・ポグバ(178試合)らが続いている。

 8年間で最多の得点を挙げているのはディバラ。在籍はまだ4年間だが合計78ゴールを記録している。2位のゴンサロ・イグアインは2年間のみで計55ゴールを挙げた。3位は50得点のカルロス・テベス。以下アルトゥーロ・ビダル(48点)、マリオ・マンジュキッチ(43点)、ポグバ(34点)らが続き、クリスティアーノ・ロナウドは今季からの加入にもかかわらず26点で10位タイにランクインしている。

 一方、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では8年間のユーベのベストイレブンを選出。GKブッフォン、DFバルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ、MFビダル、アンドレア・ピルロ、マルキージオ、ポグバ、FWアレッサンドロ・デル・ピエロ、テベス、C・ロナウドという11人を選んでいる。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top