「僕が最大の問題だった」。0-4完敗の責任を背負うマンU・MF

2019年04月22日(Mon)23時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ネマニャ・マティッチ
ネマニャ・マティッチ【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドのMFネマニャ・マティッチは、エバートン戦に敗れた最大の理由が自分にあると話した。デンマークのテレビに対するコメントを英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 21日のエバートン戦を0-4で落としたユナイテッドは、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得から遠ざかった。チャンピオンズリーグ敗退に続くショッキングな黒星で、悪い流れとなっている。

 マティッチは試合後、「今日は僕たちにとって、多くのことがうまくいかなかった。まずはアプローチだ」とコメントすると、「経験のある選手、今回は僕が良くなかった。若手を非難する必要はない。最も大きな問題は僕だった」と認めた。

 さらに同選手は「こういった試合は、中盤で勝たなければいけない。そこで勝つことによって良いサッカーができるけど、僕たちはそうしなかった」と話している。

 現在6位のユナイテッドは、4位アーセナル、5位チェルシーとの勝ち点差が2。次節は24日、マンチェスター・シティとのダービーマッチだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top