エバートン

1205Mane_Getty

リバプールFWマネはすべてが高次元。サラー、フィルミーノ不在でも大量得点、バロンドール4位が見せた本領

プレミアリーグ第15節、リバプール対エバートンが現地4日に行われ、5-2でリバプールが勝利した。今季初のマージーサイドダービーは前半に6点が生まれる乱打戦に。ターンオーバーを実行して臨んだリバプールは、公式戦で13試合連続失点と守備に不安を抱えるが、それを上回る攻撃力を発揮した。(文:加藤健一)

世界最高の左ウインガーは誰だ!LWG能力値ランキング6位〜10位、若き才能溢れる選手たちがトップ10入り! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

プレミアリーグ

ソン・フンミンのレッドカードは、なぜ取り消しとなったのか? 発端は明らかな誤審、VARも機能不全に

今季からプレミアリーグでは、ビデオアシスタントレフリー、通称VARを導入している。主審のジャッジを助け、誤審を減らすはずのVARだがここまでの疑惑の判定の数々を見る限り、運用は完璧とは言い難い。というのも11月に入ってからだけでも、いくつもの疑惑の判定が生まれており、トッテナムの FWソン・フンミンへのレッドカードを巡る問題から検証する。(文:内藤秀明)

新着記事

↑top