フットボールチャンネル

「アーセナル見てる?」ライバルチームの優勝を妨げたいトッテナムファンは敗北に大喜び?指揮官は「ただ勝ちたかった」と激怒

text by 編集部 photo by Getty Images

イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

アンジ・ポステコグルー監督
【写真:Getty Images】



サポーターは敗北を喜ぶ?


 プレミアリーグ第34節、トッテナム対マンチェスター・シティの試合が現地時間14日に行われた。試合は、アウェイチームが2-0で勝利している。トッテナムのホームで行われた試合では、シティに得点を奪われた時に、ホームチームのファンが喜ぶという不思議なシーンもあった。英メディア『football.london』が報じている。


今シーズンのプレミアリーグはSPOTV NOWで全試合配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 試合前の時点で、シティは勝点85の2位につけており、暫定首位のアーセナルとは勝点1差だった。仮にトッテナムが勝利した場合、同じロンドンを拠点としており、歴史的にもライバル関係のあるアーセナルが優勝に大きく近づいてしまう状況に陥っていた。そのため、現地トッテナムサポーターの中では、この試合だけは自チームの敗北を望む声も上がるという奇妙な事態が起きている。

 51分、シティはケヴィン・デ・ブライネのクロスにアーリング・ブラウト・ハーランドが合わせて先制に成功。すると、試合の観戦に訪れたトッテナムサポーターは、「アーセナル見てる?」という煽りを大声で合唱して、自チームの失点を喜んでいた。ノースロンドンの過激なライバル関係が頭をもたげた瞬間と言えるだろう。その後、シティはPKで再びハーランドがゴールを奪い、2-0で勝利している。

 試合後、チームを率いるポステコグルー監督は、アーセナルとのライバル関係が試合に影響したかと問われると、「まったく興味がない」と述べた上で、怒りを浮かべながら次のようなコメントを残していた。

「もしかしたら私はズレているかもしれないが、気にしていない、ただ勝ちたかった。私はこのクラブで成功したい、それが私が監督に任命された理由だ。だから、他の人が何をしたいか、どのように感じているか、そして彼らの優先事項が何であるかなど、私にはまったく興味がない。勝てるチームを作るために何が重要なのかはわかっているし、そこに集中する必要がある」

【関連記事】
プレミアリーグ“採点”ベストイレブン。文句なしの10点満点は?
新ビッグ6はどこだ! プレミアリーグ順位予想1~6位

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top