ミランMFに対してラツィオファンが人種差別か?止まらないサッカー界の人種差別

2019年04月25日(Thu)19時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

フランケ・ケシエ
フランケ・ケシエとティエムエ・バカヨコ【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAのミランMFティエムエ・バカヨコが現地時間の24日に行われたイタリア杯(コッパ・イタリア)準決勝2ndレグで、ラツィオファンから人種差別的なチャントを受けた。英メディア『デイリー・ミラー』などが現地時間の24日に報じた。

 人種差別的チャントが歌われたのはミランの選手たちがウォーミングアップをしている最中だった。ミランの選手がウォーミングアップをしていると、ラツィオのファンから「このバナナはバカヨコのものだ」というチャントが聞こえてきたという。

 だが、同メディアによると、事の発端は現地時間の13日に行われたセリエA第32節のラツィオ戦だという。ミランは1-0でラツィオを下した。だが、この試合の後にバカヨコとラツィオDFフランチェスコ・アチェルビはユニフォーム交換し、その後、バカヨコがMFフランケ・ケシエとアチェルビのユニフォームを持って、ミランファンに見せた。

 この行動に対して、ラツィオファンが怒り、両サポーターの間で緊張が走ったという。そんな中迎えたラツィオとのコッパ・イタリア準決勝で、ラツィオファンが仕返しと言わんばかりに、人種差別的なチャントをバカヨコに対して歌ったという。

 最近では、ユベントスの若手FWモイーズ・キーンもカリアリサポーターから人種差別を受けていた。また、イングランドでもマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングなどが、度々人種差別を受けている。まだまだ、サッカー界では人種差別がなくならない。

【了】

新着記事

↑top