田川亨介、渾身ヘディング弾でエースの価値証明「今日点を取れたのは本当に大きい」【U-20W杯】

2019年05月27日(Mon)6時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

田川亨介
U-20W杯のメキシコ戦で初ゴールを挙げたU-20日本代表FW田川亨介【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節が26日に行われ、U-20日本代表はメキシコに3-0で快勝。大会初勝利を挙げて勝ち点を4に伸ばし、決勝トーナメント進出へ大きく前進した。

 今大会に出場しているメンバーのうち、2年前の前回大会を経験している唯一の選手が田川亨介だ。U-20日本代表ではエースストライカーとして大きな期待を背負っていながら、今季加入したFC東京では出場機会の確保に苦しみ、初戦のエクアドル戦も決して満足のいくパフォーマンスを発揮できたわけではない。

 だが、そこで腐る男ではなかった。メキシコ戦では積極的な動き出しで何度もゴールに迫り、ついに今大会初得点。「FWは点を取るとか、シュートを打つとか、そういうことで気持ち的に乗っていく。今日点を取れたのは本当に大きかった」と安堵感をにじませた。

 ついに訪れた初ゴールの瞬間は52分、藤本寛也が蹴った右コーナーキックにニアサイドで触り、絶妙なヘディングシュートをゴールに突き刺す。「やっとというのが自分の中では大きい」と本人が語る通り、ゴールが決まるとベンチに駆け寄って喜びを爆発させた。

 前半にも惜しい場面があった。右サイドから菅原由勢が上げた鋭いクロスに頭から飛び込んでゴールネットを揺らしたものの、判定はオフサイド。とはいえ「あのヘディングがあったからこそ、自分の気持ちも乗った」と田川は言う。

 そして「やっと」決まったヘディングシュートも狙い通りだった。2本続いた同じ右からのコーナーキックに、「ちょっと違う場所に入ろうかなとも思ったけれど、でももう1本来るなと思って」果敢に飛び込み、日本の勝利を大きく手繰り寄せるチーム2点目を奪った。

 コーナーキックを蹴った藤本も「ニアサイドが結構空いていた」と分析していたところに、「1本目はいいボールは蹴れていたんですけど、(田川)亨介とうまくタイミングが合わなくて、たまたま2本目のコーナーキックになったのでそのままもう1本も同じような感じで蹴ってみたら亨介がうまく僕に合わせてくれた」と狙い通りのキックだったことを明かした。互いの意図がシンクロしていた。

 影山雅永監督も「コンディションは整っていて、体は動けているけれども、点を取ることによってさらにそれまでの期待感から自信へと変わっていくものが大きいと思います。点を取るべきFWの選手が取ったというのは、非常に彼らのこれから先への試合に向かって自信に繋がっているんじゃないか」と、ストライカーが結果を残したことに手ごたえを感じている様子。

 結果を残した田川は「これが続けば、もっともっと結果もついてくると思う。また次もやりたい」と意欲に満ちている。渇望していたゴールを手にし、モチベーションは最高潮。自信を取り戻したエースストライカーは、ついに世界の舞台で咆哮をあげた。

(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top