アーセナルに芽吹いた新たなる希望。今、メイトランド=ナイルズがすごい。21歳の驚くべき資質

アーセナルのDFエインズリー・メイトランド=ナイルズが覚醒した。チェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝では、MFエデン・アザールとのマッチアップが期待される。昨季までは様々なポジションで起用されながら、器用貧乏とも言える状態だったが、右サイドバックで起用されるとその能力が開花した。(文:プレミアパブ編集部)

2019年05月28日(Tue)10時00分配信

text by プレミアパブ編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

以前から万能性は評価されていたものの…

エインズリー・メイトランド=ナイルズ
アーセナルのエインズリー・メイトランド=ナイルズ【写真:Getty Images】

 今シーズンのアーセナルは右サイドバックの人選に悩まされた。本来レギュラーのエクトル・ベジェリンは1月に負った靭帯断裂の怪我のためシーズンアウト。昨夏に獲得したステファン・リヒトシュタイナーは年齢による衰えも目立ち、プレミアリーグ適応に苦しんだ。

 それでなくとも今季のアーセナルはCBのシュコドラン・ムスタフィのミスが目立っていたこともあり、守備面で不安定さを露呈していた。それでもギリギリのながら守備の崩壊を防ぎ、チームはヨーロッパリーグ決勝までたどり着いた。その快挙を語る上で忘れてはならないのが、右SBとして活躍したエインズリー・メイトランド=ナイルズだ。

 クラブの生え抜きで将来を嘱望されている21歳の若者は、昨シーズンからアーセン・ヴェンゲル前監督の下で継続的に出場機会を与えられはじめた。

 トップチームデビュー前から万能との前評判だったが、実際ヴェンゲル監督もナイルズをどこで起用するのか頭を悩ませていたようだ。左SB、右SB、そしてセントラルMF。様々なポジションで期待の若手を起用した。

 基本的にはSBでの起用が多かったが、例えば昨シーズンの第36節マンチェスター・ユナイテッド戦では、推進力を発揮するだけでなく、パスワークにも問題なくかかわり、守備面でも一定の貢献を示した。結果試合自体は1-2で敗れたもののマンオブザマッチに輝いている。身体能力も基本技術も高いため、中盤でも一定のクオリティでプレーできてしまうのだ。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top