EURO予選で2ゴールのルカク、スコットランド代表指揮官に謝罪?「彼が謝ってきた」

2019年06月12日(Wed)21時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ロメル・ルカク
ロメル・ルカク【写真:Getty Images】

 EURO2020予選I組第4節、ベルギー代表対スコットランド代表が現地時間の11日に行われた。試合は3-0でベルギー代表が勝利した。

 前半ATと57分にFWロメル・ルカクがゴールを奪うと、後半ATにMFケビン・デ・ブルイネがゴールを決め、ベルギーが3-0で勝利となった。この試合でフル出場を果たし2ゴールを決め、チームの勝利に貢献したルカクがスコットランド代表指揮官スティーブ・クラークへ謝罪したという。

 クラークは2012年にWBAの指揮官に就任。だが、成績不振で翌年に解任された。その当時、ルカクはチェルシーからの期限付きでWBAに加入し、1年間プレーしていた。ルカクは現スコットランド指揮官からWBA時代に直接指導を受けていた。

 12日付の英メディア『ミラー』によると、クラーク指揮官はインタビューで「私は彼とスタジアムのトンネルでハグをした。彼はゴールに関して謝っていたよ。ロメルはファンタスティックなキャラクターだ。彼との仕事は楽しかった。彼は私と一緒にいた時は若かった。それから彼は成長した。彼は数々のプレミアのビッグクラブでプレーした強いゴールスコアラーだよ」と話したという。

 ルカクは1年間指導を受けた恩師に対して、感謝の意味を込めて謝罪をしたのかもしれない。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top