PK戦のルールを急きょ一時変更。決勝Tを前に調整【女子W杯】

2019年06月22日(Sat)8時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

なでしこジャパン
なでしこジャパン【写真:Getty Images】

 国際サッカー評議会(IFAB)は21日、国際サッカー連盟(FIFA)の要請を受け、現在開催中の女子ワールドカップでゴールキーパーの反則に対する処分の一時変更を決定した。

 今回変更となるのは、PK戦におけるGKのファウルに対する警告処分だ。6月からルールが変更となり、GKはPKの際、少なくとも片方の足がゴールラインに触れてなければ反則で、即イエローカードの対象となっていた。これを今回の女子ワールドカップのPK戦では警告にならないことが決まっている。

 女子ワールドカップではVARが使われており、すでに新ルールでの警告が相次いでいる。イングランド代表のGKカレン・バーズリーは、これまでやってきた習慣を突然変更するのは難しく、「残酷なこと」と新ルールに対する戸惑いを語っていた。

 PK戦では選手交代が認められない。そのため、新しいルールにそって警告を出すと、GK退場という事態も考えられた。22日から始まる決勝トーナメントを前に、そういったトラブルが起こらないよう、一時的にルールを変えた形だ。

【了】

新着記事

↑top