岡崎慎司、スペイン2部マラガ加入へ交渉が進展か。地元紙報道

2019年07月19日(Fri)20時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

岡崎慎司
岡崎慎司【写真:Getty Images】

 レスター・シティを退団して現在フリーとなっている日本代表FW岡崎慎司は、スペイン2部のマラガへの加入に向けた交渉が進んでいるという。地元紙『ディアリオ・スール』が19日付で伝えた。

 同紙が得たとされる情報によれば、マラガは岡崎および元U-21スペイン代表MFホセ・ロドリゲスの2人の獲得に向けた交渉を進めている状況にあるという。24歳のホセ・ロドリゲスはドイツのマインツが保有権を持ち、昨季はオランダ1部のフォルトゥナ・シッタートにレンタルされていた。2016/17シーズンにはマラガでもプレーしたことがある。

 両者の獲得に向けては、クラブオーナーのアブドゥラー・アル=タニ氏のゴーサインを待っている状況とのこと。アル=タニ氏の同意さえ得られれば、2人は「近々マラガの選手になる可能性がある」と伝えられている。

 4年間過ごしたレスターを昨季限りで退団した岡崎は、欧州の未経験リーグであるスペインやイタリアが移籍先の希望だと公言していた。現在2部のクラブではあるが、希望のスペインへの移籍が実現することになるのだろうか。

 リーガ1部の常連クラブだったマラガは2017/18シーズンに最下位となり、10年ぶりに2部に降格。昨季はレギュラーシーズンを3位で終えたが、プレーオフ準決勝でデポルティボに敗れ、1年での1部復帰は果たせなかった。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top