ルカク、マンUの練習データを“リーク”。スピード不足との批判に反論し…

2019年08月03日(Sat)20時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ロメル・ルカク
マンチェスター・ユナイテッドのロメル・ルカク【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクは、ユナイテッドの練習で計測されたスプリント速度のデータを公開し、スピードに欠けるという批判が不当であることを証明しようと試みた。英紙『ミラー』などが伝えている。

 ルカクは2日に自身の公式ツイッターアカウントで、7月10日の練習で計測されたとみられる「最高速度」のデータが図示されたグラフを動画の形で投稿。ルカクの速度はユナイテッドのチーム内で2位となっている。

 チーム内最高速は時速36.43kmと計測されたポルトガル人DFディオゴ・ダロト。ルカクは時速36.25kmで2位だった。3位には19歳の若手MFタヒス・チョンが続いている。

 グラフは全選手の順位が公開されており、下位の選手としては“とばっちり”を食った形だ。最高速が最も遅かったのは時速31.03kmのDFルーク・ショー。MFネマニャ・マティッチやMFフアン・マタはわずかにショーを上回っていた。

 マタは自身のアカウントでこれに反応し、「ルーク・ショーより速いことを世界に示してくれてありがとう」とコメント。ショーは反論として「70%の力で走るように言われた」と主張している。選手たちはバカンスを終えてトレーニングを再開したばかりの時期であり、コンディションにもばらつきがあったと思われる。

 いずれにしても、クラブにとっては公開されるべきではないデータだったようだ。ルカクの投稿した動画はその後削除されている。

【了】

新着記事

↑top